HOME   »  2012年11月
Archive | 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part93 マイボナとの飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.17 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第93回目の記事です。


マイボナとの飛車落ち戦の上手の場合です。

前回の記事のつづきで、101手目から投了までの棋譜です。




マイボナは穴熊でしたので、今回は入り込み易かったですね。

真吾オジサンが入玉していく棋譜ですね、今回は。





△53角   ▲51金   △83玉   ▲52金   104

△31角   ▲62金   △78歩   ▲同飛    108

△87香成  ▲79飛   △77歩   ▲63歩成  112

△78歩成  ▲59角   △86角   ▲49飛   116

△77角成  ▲35角   △94玉   ▲83歩   120




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part92 マイボナとの飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.17 その1

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第92回目の記事です。


マイボナとの飛車落ち戦で、上手の場合です。

60秒・スレ1・投了値2000に設定したものでした。



マイボナというのは2ちゃんねるで見たことがあったのですが、

「なんよ、マイボナって…?」

こう思っていたのです。 ^^:


この記事は、2012年11月17日に書いているものなのですが、

今日このマイボナを使えるようになりました。 ^^


Bonanza6.0を入れたというのかどうか知りませんが、

そうしたマイボナです。



ここ最近、激指10<全戦型>六段+に飛車落ち戦でも、

新米長玉戦法が使えるなと思っているますので、

このマイボナでも使えるのではないかと思いまして、

試したものでした。



結論は使えるな、ですね。 ^^



実は、今回のこの棋譜は途中で一回「待った」をした恥ずかしい棋譜なのですが、

そこは兎も角、このマイボナの飛車落ち戦の上手の場合でも、

この新米長玉的な指し方は大いに使えそうに思いましたね。



入り込めさえすれば、もう飛車がいなくても別にどうってこともないわけですからね。


この手の将棋は、要は入り込めるか否かなわけで、

このマイボナ相手の飛車落ち戦の上手の場合でも入り込めるな、ということですね。 ^^



手数が187手かかりましたので、

2回に分けて記事を書きますね。


今回は、初手から100手目までの局面です。





2012年11月17日


飛車落ち戦


△ 真吾オジサン     (上手)

▲ マイボナ(Bonanza6.0) (下手)



「秒読み」を「60秒」に設定しただけで、あとは最初のままの設定でした。




△62玉   ▲78飛   △42銀   ▲76歩    4

△54歩   ▲75歩   △53銀   ▲74歩    8

△同歩    ▲同飛    △72銀   ▲48玉   12

△64歩   ▲76飛   △63銀   ▲18香   16

△72金   ▲38玉   △74歩   ▲28玉   20




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part91 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.16 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第91回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦の上手の場合です。

前回の記事のつづきで、今回は投了までの棋譜です。




△同金    ▲89香   △99成銀  ▲86香   104

△同金    ▲99飛   △85玉   ▲87歩   108

△同金    ▲32銀   △86角   ▲21銀不成 112

△97香   ▲79飛   △78歩   ▲49飛   116

△66歩   ▲99桂   △同香成   ▲同飛    120




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part90 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.16 その1

今回は「真吾オジサンのブロマガ」の第90回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。

思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。



飽きもせず、今回も新米長玉にしました。


この入玉狙いの指し方のコツの一つに、

相手の大駒を働き難くさせる、というのがあると思っております。

コンピュータ将棋の大駒が窒息しているといいますか、

閑居しているような展開に持ち込めますと、

実感としましては、相当に勝ち易くなると思いますね。



今回は割とそういう展開に持ち込めた棋譜となっております。


手数が187手となった棋譜ですので、

2回に分けて記事を書きますね。




2012年11月16日


飛車落ち戦


▲ 激指10<全戦型>六段+  (下手)

△ 真吾オジサン        (上手)


思考時間の上限を30秒に設定したものでした。



△62玉   ▲76歩   △32金   ▲78飛    4

△42銀   ▲48玉   △54歩   ▲75歩    8

△53銀   ▲74歩   △同歩    ▲同飛    12

△72銀   ▲78飛   △64歩   ▲58金左  16

△63銀   ▲38玉   △72金   ▲68銀   20






続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part89 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.14 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第89回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。

前回の記事の続きです。


121手目の局面から投了まで局面です。



今回の棋譜は、もう真吾オジサンが入玉した局面で

あとはぼちぼちと激指の穴熊に迫って行くかだけのことですので、

あまり面白くはないかもしれませんね。 ^^:




△85金   ▲81龍   △84歩   ▲61龍   124

△75金上  ▲95歩   △同歩    ▲99歩   128

△同玉    ▲15角   △66歩   ▲33角成  132

△88馬   ▲43馬   △76金右  ▲68歩   136

△96歩   ▲64龍   △85歩   ▲44歩   140




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part88 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.14 その1

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第88回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。

思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。



今回も真吾オジサンが、新米長玉にしたのですが、

激指が三間飛車から7筋の歩の交換をしてきて、直ぐに▲7四歩と打つ展開になりました。


この構想が疑問であったようで、真吾オジサンが上手く入玉できました。 ^^

我ながら、見事に入玉できたと思っている棋譜です。 ^^



まあ、ボロPCの上に、思考時間の上限が30秒だったので、

こうなったのでしょうけれどね。 ^^:



激指は三間飛車穴熊でしたので、手数が225手かかりました。

なので、2回に分けて記事を書きますね。




2012年11月14日


飛車落ち戦


△ 真吾オジサン       (上手)

▲ 激指10<全戦型>六段+ (下手)


思考時間の上限を30秒に設定したものでした。




△62玉   ▲76歩   △32金   ▲78飛    4

△42銀   ▲48玉   △54歩   ▲75歩    8

△53銀   ▲74歩   △同歩    ▲同飛    12

△72銀   ▲78飛   △64歩   ▲74歩?  16

△63銀   ▲38玉   △72金   ▲66角   20





続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ハム将棋に勝とう! その54 10枚落ち線の上手の場合 その4

今回の記事は「ハム将棋に勝とう!」の第54回目の記事です。


今回は10枚落ち戦の上手の場合です。



「もう、これは流石にどうしようもないな…」

こういう局面まで追い込まれましたが

ハム将棋のミスが続きまして、入玉出来ました。 ^^:





2012年11月23日


10枚落ち戦


△ 真吾オジサン   (上手)

▲ ハム将棋     (下手)




0



△42玉   ▲78金   △44歩   ▲76歩    4

△43玉   ▲26歩   △54玉   ▲56歩    8

△65玉   ▲66歩   △56玉   ▲58金   12

△45玉   ▲65歩   △54歩   ▲25歩   16

△34玉   ▲36歩   △45歩   ▲37桂   20



20



△84歩   ▲96歩   △94歩   ▲68銀   24

△74歩   ▲48銀   △85歩   ▲69玉   28

△14歩   ▲57銀右  △15歩   ▲46歩   32

△同歩    ▲同銀    △16歩   ▲35銀   36

△43玉   ▲44銀   △52玉   ▲53歩   40




40





△62玉   ▲16歩   △64歩   ▲同歩    44

△73玉   ▲52歩成  △64玉   ▲97角   48

△65玉   ▲53角成  △76玉   ▲77銀   52

△65玉   ▲66歩   △56玉   ▲67金左  56

△46玉   ▲57金寄? △37玉   ▲48金?  60




60



△28玉   ▲64馬   △29玉   ▲74馬   64

△19玉   ▲73馬   △29玉   ▲95歩   68

△同歩    ▲83馬   △18玉   ▲38馬   72

△26香   ▲33銀成  △28香成  ▲37馬   76

△45桂   ▲26馬   △57桂成  ▲同金    80




80




△55歩   ▲46金   △67金   ▲79歩   84

△56歩   ▲同金    △57歩   ▲59歩   88

△49飛   ▲78歩   △58歩成  ▲79玉   92

△59と   ▲88玉   △69と   ▲35馬   96

△48飛成  ▲45金   △76歩   ▲同銀    100



100




△78龍   ▲97玉   △76龍   ▲98玉   104

△86歩   ▲同歩    △87銀   ▲97玉   108

△96銀成? ▲98玉   △87成銀         111





まで、111手で真吾オジサンの勝ちです。



111




現在のランク“名人”




 ハム将棋に勝とう!・記事一覧表



【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part87 激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.14 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第87回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦の上手の場合で、

前回の記事のつづきです。



△88龍   ▲63香成  △同玉    ▲64銀   104

△72玉   ▲56歩   △48歩成  ▲57玉   108

△58と   ▲66玉   △54金   ▲同馬    112

△同歩    ▲33馬   △63歩   ▲62金   116

△82玉   ▲63銀成  △45飛   ▲55桂   120




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part86 激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.14 その1

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第86回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦の棋譜です。


思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。



今回は変則的な将棋になりました。


上手の真吾オジサンが普通の矢倉にしようとしたのですが、

横歩を取るような将棋になりました。

激指は右四間飛車でした。



激指が優勢で、

「もうこれはダメだな…」

くらいに思っていたのですが、逆転となった棋譜です。 ^^


ボロPCで思考時間の上限を30秒だったので…

まあ、こういうことですね。 ^^;



ただ、相入玉となりました。


で、200手目でおわりとしました。


200手目の局面は、もう真吾オジサンの必勝の局面でしたからね。


持将棋判定はなかなか認めてくれないので、

もう面倒臭いですからね。 ^^:



この棋譜は200手まで指しましたので、

2回に分けて書きますね。





2012年11月14日


右銀落ち戦


△ 真吾オジサン       (上手)

▲ 激指10<全戦型>六段+ (下手)


思考時間の上限を30秒に設定したものでした。




△34歩   ▲26歩   △42銀   ▲48銀    4

△32金   ▲76歩   △44歩   ▲78金    8

△52金   ▲46歩   △33銀   ▲47銀   12

△84歩   ▲68銀   △85歩   ▲58金   16

△86歩   ▲同歩    △同飛    ▲87歩   20




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part85 激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.13 その3

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第85回目の記事です。


今回の記事も前回までのつづきです。


201~300手目までの棋譜です。




△同成香   ▲58銀   △59龍   ▲47銀   204

△57金   ▲65龍   △47金   ▲85歩   208

△89成香  ▲96歩   △99成香  ▲97玉   212

△89成香  ▲98金   △78と   ▲86玉   216

△68角   ▲77香   △79龍   ▲66銀   220




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part84 激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.13 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第84回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦の上手の場合で、

前回の記事のつづきです。


今回は、101~200手目までの局面の棋譜です。




△同飛    ▲53角   △28玉   ▲42角成  104

△29飛   ▲79飛   △36金?  ▲29飛   108

△同玉    ▲79飛   △39飛   ▲同飛    112

△同と    ▲31飛   △19玉   ▲81飛成  116

△38と引  ▲39歩   △同と    ▲91龍   120


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part83 激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.03 その1 

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第83回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との右銀落ち戦の上手の場合です。


思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。


上手の真吾オジサンが、7一にいる銀を落とした棋譜です。



先日、AI棋士5段との右銀落ち戦の棋譜を書きましたが、

今回は激指に試してみた棋譜です。


実は、この対局前に1局指したのですが、

これは激指が三間飛車にしてきて受け切れなくて

負かされました。 (TT)



今回は矢倉戦でした。

ただ、激指が変則的な矢倉にしてきたのではありますが。



この将棋も入玉の将棋になりました。

それも相入玉の将棋になりました。


300手目の局面はもう真吾オジサンの必勝も必勝の局面となっておりましたので、

ここで終りとしました。


激指は「持将棋判定」をなかなか認めてくれませんのでね。 ^^:


300手目の局面は、激指側の駒は

龍が1枚、成桂が2枚、成香が1枚、と金が1枚、銀が1枚。

これらが激指の玉にひっついているという局面。

駒台の上には何もなし。

これだけになっていましたので、もうこれはね。 ^^:




300手もかかりましたので、3回に分けて記事を書きますね。




2012年11月13日


右銀落ち戦


△ 真吾オジサン       (上手)

▲ 激指10<全戦型>六段+ (下手)


思考時間の上限を30秒に設定した対局でした。




△34歩   ▲26歩   △42銀   ▲48銀    4

△32金   ▲76歩   △44歩   ▲56歩    8

△54歩   ▲68銀   △52金   ▲78金   12

△43金右  ▲69玉   △41玉   ▲57銀右  16

△84歩   ▲66銀   △85歩   ▲77銀上  20








続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part82 AI棋士5段との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.08 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第82回目の記事です。


AI棋士5段との右銀落ち戦の上手の場合で、

前回の記事のつづきの棋譜です。



今回は、101手目から投了の局面までの棋譜です。




△66歩   ▲同銀引   △45金   ▲35角   104

△同角    ▲同飛    △同金    ▲44角   108

△32飛   ▲33銀   △同飛    ▲同角成   112

△26玉   ▲44馬   △34歩   ▲36歩   116

△同玉    ▲21飛   △26歩   ▲55成桂  120




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】K-Shogi Ver2.9.00 (32bit版) K‐Shogi研究との2枚落ち戦 上手の場合 2012.11.17

今回の記事はブロマガです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part81 AI棋士5段との右銀落ち戦 上手の場合 2012.11.08 その1

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第81回目の記事です。


AI棋士5段との右銀落ち戦の棋譜です。


手数が219手となりました棋譜ですので、

2回に分けて記事を書きますね。




AI将棋は、盤面編集もできますよね。

それで、上手の真吾オジサンが7一の銀を落として指した棋譜です。


相矢倉になりました。


この右銀落ち戦の棋譜って、プロ棋士の前例・定跡がないですよね。

あるのかもしれませんが、真吾オジサンは全く知らないわけです。


なので、自分でどういう駒組みがいいのか考えないとならないことになるのですが、

まあ、これで逆に面白いともいえるわけですね。 ^^



で、どう真吾オジサンは考えたのか。


銀が一枚いないので、平手戦のことを思いますと、

攻撃力はウンと落ちるがしっかりと守る、これが一つ。

守備力の方をある程度目をつむるような駒組にする。

これがもう一つ。


成り行き任せ、これも考えました。 ^^:



で、しっかりと守りながら、成り行き任せでいこう!

こういう方針でこの対局は指しました。



実は、この対局前にもう一局、この右銀落ち戦を指しました。

これは、上手の真吾オジサンが中飛車穴熊にしてみたのです。


これは負け。 (TT)


穴熊にしますと、上手の陣地がスカスカし過ぎてどうも勝てないように思いました。


では、矢倉にしてみたらどうだろうか?

と思いまして試してみたのが今回のこの棋譜です。


結局、入玉の将棋になりました。




2012年11月8日


右銀落ち戦


△ 真吾オジサン    (上手)

▲ AI棋士5段     (下手)





△34歩   ▲26歩   △42銀   ▲76歩    4

△44歩   ▲68銀   △32金   ▲48銀    8

△52金   ▲36歩   △43金右  ▲37桂   12

△41玉   ▲77銀   △54歩   ▲68玉   16

△14歩   ▲78玉   △15歩   ▲56歩   20




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ハム将棋に勝とう! その53 裸玉戦の上手の場合 その3

今回の記事は「ハム将棋に勝とう!」の第53回目の記事です。


今回は裸玉戦の上手の場合です。



この裸玉戦の上手の場合のその1・その2とは異なる展開になりました。

ただ、龍のただ捨てがやはり登場しましたね。


それで勝てたようなものでした。 ^^




2012年11月9日


裸玉戦


△ 真吾オジサン     (上手)

▲ ハム将棋       (下手)



0




△62玉   ▲76歩   △63玉   ▲33角成   4

△64玉   ▲42馬   △65玉   ▲75馬    8

△55玉   ▲66馬   △45玉   ▲56馬   12

△35玉   ▲46馬   △25玉   ▲36馬   16

△15玉   ▲26馬   △24玉   ▲36歩   20



20



△33玉   ▲15馬   △44玉   ▲56歩   24

△45玉   ▲37馬   △56玉   ▲58飛   28

△67玉   ▲68金   △76玉   ▲77金   32

△65玉   ▲55馬   △74玉   ▲68飛   36

△75玉   ▲66馬   △64玉   ▲65馬   40




40




△53玉   ▲64馬   △44玉   ▲46馬   44

△33玉   ▲63飛成  △43歩   ▲53龍   48

△34玉   ▲35馬   △33玉   ▲44馬   52

△24玉   ▲35馬   △33玉   ▲44龍   56

△同歩    ▲26歩   △43玉   ▲25馬   60



60




△53玉   ▲34馬   △27飛   ▲38銀   64

△28飛成  ▲25歩   △19龍   ▲24歩   68

△28歩   ▲37桂   △29歩成  ▲23歩成  72

△28と   ▲33と   △38と   ▲43と   76

△64玉   ▲56馬   △49龍   ▲68玉   80



80




△37と   ▲66金   △71香   ▲65馬   84

△63玉   ▲77桂   △47と   ▲88銀   88

△58龍   ▲79玉   △78金          91





まで、91手で真吾オジサンの勝ちです。



91





現在のランク“神”





 ハム将棋に勝とう!・記事一覧表




【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part80 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.08 その3

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第80回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦の上手の場合です。


今回は、201手目から273手目の投了の局面までの棋譜です。




△66金   ▲87銀   △同と    ▲67歩   204

△同金    ▲76銀   △86と   ▲同龍    208

△同馬    ▲67銀   △68馬   ▲78銀   212

△同と    ▲79歩   △同玉    ▲55馬   216

△86歩   ▲54と   △87歩成  ▲37銀   220




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part79 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.08 その2

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第79回目の記事です。

激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。


前回の記事のつづきで、101~200手までです。





△64金寄  ▲48角   △66歩   ▲13成銀  104

△63玉   ▲37角   △55歩   ▲23成銀  108

△86歩   ▲同歩    △87歩   ▲98飛   112

△65桂   ▲33成銀  △86角   ▲68歩   116

△58成銀  ▲78歩   △同歩成   ▲同飛    120



続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part78 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.08 その1

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第78回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。

思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。



今回も、新米長玉にしました。

激指は三間飛車穴熊にしました。



手数が273手もかかった棋譜ですので、

3回に分けて書きますね。



2012年11月8日


飛車落ち戦


△ 真吾オジサン      (上手)

▲ 激指10<全戦型>六段+ (下手)


思考時間の上限の30秒に設定したものです。



△62玉   ▲76歩   △32金   ▲78飛    4

△42銀   ▲48玉   △54歩   ▲75歩    8

△53銀   ▲74歩   △同歩    ▲同飛    12

△72銀   ▲78飛   △64歩   ▲68銀   16

△63銀   ▲66歩   △74歩   ▲38玉   20




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ハム将棋に勝とう! その52 10枚落ち戦の上手の場合 その3

今回の記事は「ハム将棋に勝とう!」の第52回目の記事です。


10枚落ち戦の上手の場合です。



ハム将棋が必至を見落としましたので、勝てた棋譜となりました。 ^^


入玉した棋譜となりました。



2012年11月7日


10枚落ち戦


▲ ハム将棋   (下手)

△ 真吾オジサン (上手)



0




△42玉   ▲78金   △44歩   ▲76歩    4

△43玉   ▲26歩   △54玉   ▲96歩    8

△94歩   ▲25歩   △65玉   ▲66歩   12

△76玉   ▲77金   △75玉   ▲86金   16

△64玉   ▲95歩   △同歩    ▲24歩   20



20



△同歩    ▲同飛    △55玉   ▲22飛成  24

△34歩   ▲25龍   △54玉   ▲65龍   28

△43玉   ▲63龍   △35歩   ▲65歩   32

△14歩   ▲68銀   △15歩   ▲73龍   36

△84歩   ▲96歩   △同歩    ▲64歩   40



40




△16歩   ▲63歩成  △17歩成  ▲53と   44

△34玉   ▲54と   △18歩   ▲44と   48

△25玉   ▲17桂   △16玉   ▲18香   52

△27玉   ▲38金   △18玉   ▲28金   56

△19玉   ▲29歩?  △27歩   ▲同金?   60



60




△29玉   ▲28銀?  △26歩   ▲36歩   64

△27歩成  ▲同銀    △36歩   ▲38歩   68

△28金   ▲36銀   △16歩   ▲25桂   72

△17歩成  ▲37歩   △27と   ▲34と   76

△37と   ▲35銀   △47と   ▲69玉   80



80





△85香   ▲76金   △87香成  ▲55角   84

△85歩   ▲56歩   △57歩   ▲67銀   88

△77歩   ▲同桂    △78歩   ▲96香   92

△88成香  ▲59玉   △79歩成  ▲48歩   96

△69と   ▲同玉    △48と   ▲85桂   100



100



△87歩   ▲65金   △77歩   ▲同龍    104

△78歩   ▲68龍   △79歩成  ▲同龍    108

△同成香   ▲同玉    △58歩成  ▲78銀   112

△98飛   ▲99香   △88歩成  ▲同角    116

△68と   ▲89玉   △78と   ▲98玉   120



120




△88と   ▲同玉    △76角   ▲75金   124

△67角成  ▲33桂成  △38玉   ▲43飛   128

△66馬   ▲77歩   △75馬   ▲73桂成  132

△86歩   ▲26銀   △87金   ▲79玉   136

△57馬   ▲68歩   △78銀          139




まで、139手で真吾オジサンの勝ちです。




139





現在のランク“名人”







【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part77 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.06 つづき

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第77回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦の、上手の場合で、

前回の記事の続きの棋譜です。



今回は101手目から200手目までの棋譜です。


前回の記事にも書きましたが、

200手目でもう終わりとしました。

相入玉になりそうでしたのでね。 ^^:





△97飛成  ▲77銀   △同玉    ▲89桂   104

△78玉   ▲97桂   △76桂   ▲44角成  108

△88銀   ▲48飛   △68香   ▲11金   112

△86歩   ▲12金   △35角   ▲同馬    116

△77銀打  ▲31角   △79銀不成 ▲75角成  120







続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part76 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.06

今回は「真吾オジサンのブロマガ」の第76回目の記事です。


激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦で、上手の場合です。

思考時間の上限を60秒に設定したに過ぎないものでした。



今回も新米長玉戦法で指しました。

真吾オジサンがほうほうの体ながら、入玉しました。 ^^:

その時点では、真吾オジサンの大駒の枚数はゼロ。


その後、激指の馬を一枚・飛車も一枚捕獲しました。

こうなりました。


ただ、さらにその後、激指も入玉を狙ってきましたので、

もうそこで終わりとしました。

ちょうど200手目の局面でした。



もうこうなりますと、どうせ真吾オジサンの勝ちになりますからね。 ^^


200手と結構な手数になりましたので、

2回に分けて記事を書きますね。




2012年11月6日


飛車落ち戦


△ 真吾オジサン      (上手)

▲ 激指10<全戦型>六段+ (下手)



思考時間の上限を60秒に設定したものでした。




△62玉   ▲76歩   △32金   ▲78飛    4

△42銀   ▲48玉   △54歩   ▲75歩    8

△53銀   ▲74歩   △同歩    ▲同飛    12

△72銀   ▲68銀   △64歩   ▲58金左  16

△63銀   ▲78飛   △72金   ▲38銀   20





続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part75 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.05 つづき

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第75回目の記事です。


今回は前回の記事の棋譜の続きです。


141手目から投了の局面までの棋譜です。



△86玉   ▲74成桂  △64歩   ▲93角   144

△97玉   ▲75角成  △88玉   ▲66馬   148

△85桂   ▲75成桂  △79飛   ▲85成桂  152

△69飛成  ▲44馬引  △65桂   ▲95成桂  156

△97銀成  ▲59金   △66龍   ▲同馬    160









続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】次回の将棋電王戦に飯田弘之教授が御登場されるのを見てみたいですね。 ^^

今回の記事はブロマガです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part74 激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦 上手の場合 2012.11.05

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第74回目の記事です。


今回は、激指10<全戦型>六段+との飛車落ち戦の上手の場合です。

思考時間の上限を30秒に設定したに過ぎないものでした。



この対局は、上手の真吾オジサンが新米長玉で指した棋譜です。

上手なので、初手に△6二玉としたわけですね。



激指は三間飛車穴熊にしました。


途中まで、完封といいますか、完全に抑え込めそうだったのですが、

うっかりもあって面倒なことになりました。


ただ、入玉できて、絶対に寄せられない局面に持ち込めましたので、

こうなれば飛車落ちだろうなんだろうともう大して関係はないですからね。 ^^



ただ手数が253手とやたらにかかりましたので、

2回に分けて記事を書きますね。




2012年11月5日


飛車落ち戦


▲ 激指10<全戦型>六段+    (下手)

△ 真吾オジサン          (上手)



思考時間の上限を30秒に設定したものでした。




△62玉   ▲76歩   △32金   ▲78飛    4

△42銀   ▲48玉   △54歩   ▲75歩    8

△53銀   ▲74歩   △同歩    ▲同飛    12

△72銀   ▲68銀   △64歩   ▲78飛   16

△63銀   ▲38玉   △72金   ▲28玉   20






続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】柿木将棋Ⅷ【体験版】との平手戦 先手の場合 2012.11.04 その2

今回の記事はブロマガです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】柿木将棋Ⅷ【体験版】との平手戦 先手の場合 2012.11.04

今回の記事はブロマガです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part73 AI棋士5段との角落ち戦 上手の場合 2012.11.03

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」です。


AI棋士5段との角落ち戦の上手の場合です。


今回は、3・4筋の歩を突かないで指してみました。


実は、この対局の前に、もう一局指したのですが、

それは上手が金矢倉にしたのですが、ボコボコに攻め倒されましたので、

今回はそうしたのです。 ^^:




真吾オジサンが袖飛車にして、下手の玉の近くで食い付けたのが

良かったのかもしれませんね。 ^^



将棋電王戦のとき、渡辺竜王の解説で

「そっぽの駒を取りに行くことが昔はあった」

とか言っておられたと記憶するのですが、

これ今でもそういうことはあると思いますよ。


真吾オジサンのPCがボロPCなのでそうなるのかもしれませんが、

激指でも、このAI棋士5段でも割とそういう手を指してきますね。



今回の棋譜でも、それ風の手が出てきました。


こういう展開になりますと、やはり勝ち易いですよね、まあ。 ^^




2012年11月3日


角落ち戦


△ 真吾オジサン    (上手)

▲ AI棋士5段     (下手)




△42玉   ▲26歩   △32玉   ▲76歩    4

△62銀   ▲25歩   △22銀   ▲68銀    8

△54歩   ▲78金   △53銀   ▲36歩   12

△64歩   ▲37桂   △42金   ▲48銀   16

△52金上  ▲46歩   △74歩   ▲47銀   20





続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part72 AI棋士5段との角落ち戦 上手の場合 2012.11.02

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第72回目の記事です。

AI棋士5段との角落ち戦の上手の場合です。



角落ち戦の上手で、かつ居飛車で指す場合、

ポイントとなる点の一つに、

3・4筋の歩の問題があると思います。


ここの歩を上手はどうしても突いておきたくはなるのです。

△3四歩・△4四歩の形に上手はしておきたいものなのです。


しかし、こう歩を進めますと、争点が近づくということでもあるわけですね。

この問題があるのです。


4四の地点がお互いにとって焦点の地点となるものなのです。



上手が金矢倉にしますと、

下手は、8八か7七にいる角の睨みを利かせながら、

▲4五歩 △同歩 ▲同桂 △4四銀 ▲2四歩 △同飛

こんな感じで攻めてくるわけですね。


で、ころ合いをみて、▲2二歩 と打ってきたりもするわけです。


上手は下手がこうしてくるのがよく分かっているのですが、

こう指されますとうるさいのです、これがね。 ^^:




「そういう筋があるのなら、上手は3・4筋の歩を突かないで、

ぺちゃんこ状態でいた方がいいのではないか?」

ということになりますよね。


具体的には、上手は3・4筋の歩を突かないで、

2二銀・3二玉・4二金の形にするわけですね。



ところがこうしますと、強いコンピュータ将棋は

この形の攻略方法をよく知っているのです。 ^^:


具体的には、3筋の位を取って、3六銀・3七桂としてくるのです。


こういう攻撃の理想形を下手に組まれますと、

ほぼ上手は勝てないことになるのです。 ^^:


そこそこ勝負の形に仮に持って行けても、最終的には負かされることの方が

圧倒的に多くなると思います。 ^^:




今回のこの棋譜はそのあたりのことを頭の中に入れて御覧頂けますと、

いいと思いますよ。 ^^




2012年11月2日


角落ち戦


▲ AI棋士5段    (下手)

△ 真吾オジサン   (上手)




△34歩   ▲26歩   △22銀   ▲76歩    4

△33銀   ▲68銀   △32金   ▲48銀    8

△44歩   ▲78金   △52金   ▲69玉   12

△43金右  ▲36歩   △54歩   ▲37桂   16

△62銀   ▲46歩   △41玉   ▲45歩   20







続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】真吾オジサンのブロマガ part71 AI棋士5段との平手戦 後手の場合 2012.10.31 つづき

今回の記事は「真吾オジサンのブロマガ」の第71回目の記事です。


AI棋士5段との平手戦で、後手の場合です。

昨日の記事のつづきの棋譜です。


相入玉になりましたので、途中で終わっているのですが、

もうこうなりますと、手数はやたらにかかることでしょうけれど、

どうせ真吾オジサンが511手目に勝つことになりますので、そうしました。^^:


流石に面倒くさいですからね、511手目まで指すのはね。 ^^:





続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。