FC2ブログ
HOME   »  2013年11月17日
Archive | 2013年11月17日

真吾の雑感 棋の交はりは、士の交はり。

今回の記事は、真吾の雑感です。


真吾オジサンは、
「棋の交はりは、士の交はり」
であるべきであると思っております。

先日、「士」のことについて書きましたよね。

 2013年11月11日 真吾の雑感 士について。
 2013年10月29日 真吾の雑感 将棋の士道化について。


最近の勝負事の世界をあれこれと見ておりますと、
次第にマナーが悪くなっているように思いますね。


相撲の世界でも、真吾オジサンが子供の頃には
ブーイングのようなことはなかったように思います。

横綱が負けますと、座布団が飛ぶようなことにはなっておりましたが、
ブーイングのような悪習はなかったと思いますね。

これはサッカーから来た悪習であると思いますね。
こういう碌でもない悪習などは日本人は真似すべきではないと思いますね。


お金を出す側に回りますと、
「この私を王様気分・姫様気分にさせないと承知しないぞ!」
というぼんくらが呆れるほどに多いのですが、
こういうぼんくらには誰かがはっきりと
「たかが観戦者風情の者が何様の気でおるのか!!」
と言うたほうがもういいのです。(笑)

こういう連中などは頭をスリッパで引っぱたいたほうがいいのです。(笑)



将棋の世界でも、マナーが悪すぎる人も多いですよね。
良くないことですよね。

こういう環境ですと、集まってくる人もそういう人が多く集まることに
自然なることでしょうからね。


マナーの良い人はこういう場所からは、
まあそのうちに距離を置こうとされるでしょうね。(笑)



真吾オジサンが昔行っていた将棋の道場では、
あるおじさんが中年女性と対局している間ずっと、
「なあ、ホテル行こう」
と言い続けていたおじさんもおりましたね。(笑)


他のおじさんは、駒台の横に500円玉を何枚か置いておいて
早指しも早指しで何番も指し続けていて
その500円玉があっちに行ったりこっちに来たりしておりました。(笑)


これでは駄目だろうと思うんですよ。(笑)



観戦者であれ、対局者であれ、こういう風であってはならぬと思いますね。
そうではなく、士の振る舞いでありたいものですよね。

将棋愛好家は、対局者のときであれ、観戦者のときであれ、
士の振る舞いであるべきだと思いますね。


そして将棋愛好家の交わり・交流は
棋の交わりは、士の交わり
こうあるべきだと思いますね。


これは現在の将棋の世界に対しまして、真吾オジサンからの提言ですね。



スポンサーサイト



【ブロマガ】2013年11月号 その17 コンピュータ将棋と対局するときのコツについて。 その7

今回の記事は、コンピュータ将棋と対局するときのコツについて書きます。

この「コンピュータ将棋と対局するときのコツについて」も
これで7回目になりますね。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ