HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  将棋電王戦について。  »  将棋電王戦FINALについて。 真吾オジサンなりに思っているコンピュータ将棋に対して通用しないと思われる 中盤戦の指しまわしについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋電王戦FINALについて。 真吾オジサンなりに思っているコンピュータ将棋に対して通用しないと思われる 中盤戦の指しまわしについて。

今回の記事は真吾オジサンなりに思っている
コンピュータ将棋に対して通用しないと思われる
中盤戦の指しまわしについて書きます。


中盤戦の指し方、これは実に難しい面があると思いますね。
人間同士の対局の場合にね。

人によって様々のように思いますね。



中盤戦ってね、目の前の駒がぶつかったゴチャゴチャした局面だけを
ただ読んでいるのではないと思いますね。

それだけではなく常に終盤戦の入口あたりを
同時に見据えながらも指していると思いますね。


「敵さんはこうしてくるのが筋というものだが、
そうするとこういう手が待っているのだぞ。
こちらの恐る点はこれとこれとがあるな。
敵さんにこの駒を渡すとこういう手があって
そうなるとこちらとしては早いことになるよな。」


目の前のゴチャゴチャだけを読んでいるのではなく、
こういうことも織り交ぜながら同時に読んでいるものだと思いますね。

こんなものではないかと思いますね。


しかし…


相手がコンピュータ将棋の場合ですと、
真吾オジサンの経験では、
そう大して読みもしないで取り敢えずは
この終盤戦の入口あたりを見据えながら指すような中盤戦の指しまわしでは
どうも上手くいかないことが多いように思いますね。(笑)


まあこれは真吾オジサンの棋力の問題に
過ぎないことなのかもしれませんけれどね。(笑)


そういう構想はコンピュータ将棋の圧倒的な読みの量の前に
そのうちに打ち砕かれてしまうことがどうも多いように思いますね。

家庭用のボロPCだって人間のそれよりも
圧倒的な数の局面を読んでいるのですからね。


相手がコンピュータ将棋の場合ですと、
実感としましては、こういう終盤戦の入り口辺りを見据えた構想の
指し方ではなく、ゴチャゴチャの読みで優った場合に
中盤戦で優勢になれるような気はしますね。

コンピュータ将棋の思考時間を短く設定しますと、
割とよくこういうことになるなとは思っております。



相手が人間の場合ですと、敵さんは棋理で指してくることが多いわけでして、
それでそのポイントを掴んでいれば
そんなに沢山読まないでもそれなりにすんだりもするのですが、
どうもこういう論理の指し方では
強豪のコンピュータ将棋に対しては通用しないなとは思っております。


この終盤戦の入り口あたりの局面を見据えながら指すというのは、
まあ中盤戦の指し方のコツの一つだと思いますが、
どうもこれに依存し過ぎた安直と言えば安直な指しまわしでは
コンピュータ将棋には勝てるものではないなと実感として思うております。(笑)



将棋電王戦FINALの場で、もしかしたら、
プロの誰かが中盤戦で上述したような指しまわしをするかもしれませんね。
その可能性がないとは思いませんよ。

もしもこうなった場合にそれはどういうことになるのか。


ここは個人的には注目したいところではありますね。


こういう指しまわしでプロがそこで敗北したようでしたら、
真吾オジサンの棋力にだけ問題があったのではないのだな、
ということにもなるでしょうからね。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。