FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  将棋電王戦について。  »  将棋電王戦FINALについて。 プロ側の誰も敗北の責任を取らないことを不思議に思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋電王戦FINALについて。 プロ側の誰も敗北の責任を取らないことを不思議に思う。

真吾オジサンには不思議に映ることがあるのです。


将棋電王戦でプロ側はこれまで全部負け越してきたにもかかわらず、
誰もその責任を取っていないことにね。


これね、他の競技、プロの競技ではこういうことにはなっていないですよね。

 今季の楽天、西武はどう変わる!? プロ野球監督交代劇~風雲急を告げるか

野球とかサッカーとかでもこういうことは当たり前のことですよね。



まあ要するにこういうことは、
あの監督・コーチではもう駄目なので、さっさと交代させろということですよね。



プロとしてのプライドがそうさせる面もあるでしょうし、
のみならずそうしないことにはファンからもスポンサー企業さんからも
見放されかねないので
そうするのではなかろうかと思われますね。


こういうことは潔い慣習といえば潔い慣習である
と真吾オジサンなどは思いますね。


野球ファンもサッカーのファンも応援しているチームの成績が悪いようですと、
仮に監督がその地位にしがみつこうとしても
もう見苦しいぞ!
くらいに思うてそれを許すこともなく、
酷いヤジを浴びせかけたりするものですよね。

こんなものでしょう?



ところが…


将棋の世界では対外的な試合である将棋電王戦で
プロ側は圧倒的に負け越しているにもかかわらず、
その責任を誰も取っていないですよね。(笑)



こういうのを見ますとね、プロ側は
「絶対に勝つぞ! 絶対に勝ち越すぞ!」
という気持ちは本当のところいくらもないのではなかろうか?
のようにも思うんですよ。(笑)



率直に書かせて頂きますと、平生の対局の時よりも
割のいいであろう対局料欲しさで、
日本将棋連盟さんも、対局する当事者のプロもだらだらと
この将棋電王戦を続けているだけのことのように
もう見えますよね。(笑)



「絶対にコンピュータ将棋に勝ち越さねばならんのだ!」
でしたら敗北したときには野球とかサッカーの世界のように
監督なりコーチなり責任者のどなたかが
その敗北の責任を取るはずだと思いますけれどね。



そうでないと、これはただの商人の論理で
「売上を増やしたのに何故この私が責任を取らないとならないのだ。
私がコンピュータ将棋に負かされたわけでもないのに。」
という風に思っていると看做されてもこれはしようがない面は
あるように思いますけれどね。(笑)



将棋電王戦では野球・サッカーのこういう潔いといえば潔い面を
少しくらいは見倣ってもいいようにも思いますよね。



こういう責任者の交代劇があるようですと、
「これは、プロ側は本気も本気で勝とうとしているな!」
ということにもなりますもんね。



敗北したにもかかわらず、誰もその責任を取らないのでしたら
プロ側がいくら口で達者なことを言うたところで
どこか「その覚悟のほどなんてね…」
という気にはどこかなりますよね。(笑)


他の世界のことを思いますと、まあそういうことになると思われますね。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。