FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  vs AI将棋  »  AI棋士5段の2枚落ち vs 真吾オジサンの8枚落ち 2014.09.20 棋譜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AI棋士5段の2枚落ち vs 真吾オジサンの8枚落ち 2014.09.20 棋譜

今回の記事も一昨日・昨日に続きまして、
強豪のコンピュータ将棋の2枚落ち vs 真吾オジサンの8枚落ち
の棋譜とその解説です。

今回はAI棋士5段との対局の棋譜です。


ソフトにはそれぞれに特徴があると思います。
似たようなところが多いのも本当ですけれどね。


この対局の棋譜を一昨日・昨日公表しました棋譜と比べて頂きたいですね。

そうされますと真吾オジサンがこう書くのも
ある程度ご納得して頂けるのではないかなと思いますね。


この対局はAI棋士5段が▲37桂~▲25桂~▲13桂成としました。

こういう展開は上手としますと、
あまり好ましからぬ展開ではありますよね。(笑)

ただそうなってから根気よく真吾オジサンが待つ展開にしたのです。


そうしますと…


AI棋士5段が暴発しまして、それを真吾オジサンが面倒を見る展開になりました。
それで真吾オジサンの受けきりとなった対局となりました。


相手が強豪のコンピュータ将棋の場合には
この待つということは非常に大切なことであると
真吾オジサンは思っているのですが、
今回の棋譜はまさにその待つことがいかに有効であるのかが
わかる棋譜になりましたね。(笑)


まあ今回のこの棋譜はそこらあたりのところに
注目されてご覧頂きたいものですね。




2014年09月20日

△真吾オジサン  (上手 8枚落ち)
▲AI棋士5段   (下手 2枚落ち)

0

△72金 ▲66歩 △62玉 ▲48玉    4
△84歩 ▲38玉 △74歩 ▲28玉    8
△64歩 ▲78銀 △54歩 ▲38銀    12
△44歩 ▲67銀 △73金 ▲96歩    16
△52金 ▲95歩 △63金上 ▲36歩   20


12手目▲38銀
美濃囲いですね。
穴熊よりかは面倒なことになりそうですね。

20手目▲36歩
嫌な一手を指されたなと思いました。
▲37桂~▲25桂~▲13桂成を防ぎようがないですもんね。
こちらとしましては最悪なのはそうなってから
歩をぱくぱくと食われてどうにもならないことになることですよね。
それだけは避けないとなりませんよね、上手としましてはね。


20

△75歩 ▲37桂 △53玉 ▲25桂     24
△43玉 ▲58金左 △74金左 ▲13桂成  28
△24歩 ▲56銀 △85歩 ▲14成桂     32
△34玉 ▲48金寄 △72金 ▲46歩     36
△73金上 ▲37金 △25歩 ▲47金     40


26手目▲58金左
AI棋士5段もこう金を使いましたね。
玉を固めるほうがよいと思っているということですね。
まあこれは疑問と思いますね。
負けにくい▲78金とでもしておきたいところですよね。
上手は戦力が不足しているのですからね。

27手目△74金左
ここの位を抑えることが出来たのは上手としては
有難いように思いますね。

29手目△24歩
23の歩をやるもんか
という手なので、せこい一手なのですが、
こうしないとこれはもう負かされることになるだろうな、
でこう指しました。

31手目△85歩
入玉するための準備の一手ですね。
歩を持ち駒にできたら8筋にと金をつくるぞ、
といったところですね。

33手目△34玉
兎に角24の歩を簡単に取らせないように
ということですね。
AI棋士5段がミスをするのを息を潜めて待っておりました。

37手目△73金上
手待ちですね。
AI棋士5段に動いてもらおうですね。
それで隙ができたら迂回して入玉してやるぞ、
といったところでしたね。

39手目△25歩
こうしないと▲26金で最終的にこれは負かされるなと思いました。


40
△72金 ▲16歩 △71金 ▲15成桂     44
△72金 ▲37金 △71金 ▲25成桂?    48
△同玉 ▲94歩 △同歩 ▲76歩?      52
△同歩 ▲72歩? △同金 ▲67銀      56
△75金 ▲77歩? △同歩成 ▲同桂     60


48手目▲25成桂
これはさすがに悪手でしょうね。(笑)
この対局ね、ここからAI棋士5段が暴発につぐ暴発をしました。(笑)

相手がコンピュータ将棋の場合には上手く待てるかも
勝つためには必要なことだと思いますね。

52手目▲76歩
これも疑問ですよね。
自爆しているような感じですよね。

54手目▲72歩
これもね。
どういう狙いなんでしょうね?(笑)

58手目▲77歩
これも自爆ではないかなぁ?(笑)


60

△76歩 ▲85桂 △同金 ▲73歩?      64
△同金 ▲74歩 △83金 ▲65歩        68
△同歩 ▲86歩 △75金 ▲76銀?       72
△同金 ▲64歩 △62銀 ▲85歩        76
△74金 ▲35歩 △同玉 ▲84歩        80


64手目▲73歩
これもね。

67手目△83金
これは△同金もあったのでしょうけれども、▲94香とされるのを多少気にしたからですね。
この△83金のほうがより安全かくらいに思うたわけですね。

70手目▲86歩
なんかかんやとやってくるものでしてね。(笑)
どのソフトでもこういう面はあるように思いますね。

72手目▲76銀
これもねぇ・・・(笑)
何もそうまでして攻めたがらんでも・・・
という気にはなりますよね。(笑)

75手目△62銀
もう真吾オジサンの勝ちの局面ですよね。
何にもさせませんよ、でこうしました。


80

△同金 ▲94香? △同金 ▲74歩       84
△72歩 ▲45歩 △同歩 ▲47銀        88
△44玉 ▲56銀 △75金 ▲45銀?      92
△同玉 ▲73歩成? △同歩 ▲63歩成?   96
△同銀 ▲38金上 △55歩 ▲76歩?     100


82手目▲94香
この対局、AI棋士5段の暴発が多すぎですよね。(笑)
まあこれはボロPCなのでそうなったのだと思われますね。

92手目▲45銀
これもね。(笑)
やんちゃものの面倒を見ているといったところですね。(笑)


100

△同金 ▲56歩 △同玉 ▲47金上      104
△67玉 ▲48金 △56歩 ▲47金寄     108
△66金 ▲15歩 △41香 ▲17玉       112
△47香成 ▲同金 △25銀 ▲38香      116
△58玉 ▲46金 △48玉 ▲28玉       120


111手目△41香
もうここらあたりでは解説の必要もないですよね。

115手目△25銀
相入玉になるのは面倒なので、
という一手ですね。(笑)


120

△34歩 ▲36金 △同銀 ▲同香        124
△25桂 ▲39銀 △47玉 ▲38銀       128
△36玉 ▲47銀 △同玉             131


まで。131手で真吾オジサンの勝ちです。


131


まあこういう対局になりました。

性能のいいPCですとさすがにこうまではならないとは思いますが、
でもこの待つというのを上手く使いこなしますと、
コンピュータ将棋にはかなり勝ちやすくなるとは思いますね。


これでBonanzaレベル13・激指10<全戦型>六段+・AI棋士5段との
棋譜を3つ無料公開しました。

こういう展開を苦手にしてるのは、
特定のソフトの問題ではないように真吾オジサンは思いました。

多分有段者の読者さんでしたら、
どなたであれ、そう思われたのではないでしょうか?


まあ兎も角、ウチのブログをご覧の熱心な読者さんに
何らかのことでもこれらの棋譜が参考になればいいなと思いまして
無料公開にしました。


プレーヤーの諸君には、
まだコンピュータ将棋の弱点を徹底的につけば勝てるなと思って頂きたいですね。

家庭用のPCの場合でしたら、腕自慢の方でしたら
もう全く手も足も出せないなにはまだなっていないと思いますよ。


最初から勝つことをもう諦めていることとか、
相手の弱点をつくような指し方などは…になっていて
どうしても頭の切り替えをしたがらないので
それで…という気もしますからね。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。