HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  将棋電王戦について。  »  将棋電王戦について。 くだけた感じで本音を語る動画を拵えると面白いと思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋電王戦について。 くだけた感じで本音を語る動画を拵えると面白いと思う。

今回の記事は無責任な一観戦者の
ただの思いつきに過ぎないことを書きますね。(笑)


将棋電王戦関連でいろいろな動画がこれまでに公表されましたよね。

でもね、率直に書かせて頂きますと、
どうもハレのコーティングされた動画ばかりのような気もするのですよ。


それはそれでいいとも思うのですが、
もう少し本音を語ると言いますか、
くだけた感じの動画もあっていいように思いますね。

一観戦者としましてはそんなことを思うたりもしますね。



野球の世界ではこういうのがありますよね。

 落合博満が絶対に打てないと思った投手について語る



将棋電王戦の対局の当事者になった人を集めて
こういう動画を拵えますと結構面白そうな気はしますよね。


プロ側にもコンピュータ将棋側にも
どちらもそれぞれにこういう動画があると
きっと面白そうな気はしますよね。



将棋電王戦の裏話とか、門外漢では伺い知ることが出来ないこと
PV等では伝えられていないことを
当事者の方々がこの動画のようにやると
結構面白そうな気もしますけれどね。(笑)

ただ本音トークか、それに近いものでないと
こういうのは面白くはならないでしょうね。



コンピュータ将棋側のほうには、伊藤英紀さんと磯崎さんとを
必ずこういうメンバーの中に入れておくと
きっと面白いことになりそうだけれどな。(笑)



プロ側のほうは対局した当事者の人でもいいですし、
そうでなくてもいいと思いますね。

堅物そうな人よりもくだけた感じのプロを集めて
こういうのをされると面白そうな気もしますよね。

河口さんをこういうメンバーの中に混ぜておくと面白いかな?



プロA「あいつ、あの戦型にしただろう。オレ、あれじゃ勝てないだろうなと思った。」
プロB「得意戦法だからそうしたんだろう。」
プロA「オレ、前に激指とあの戦型で指したことが何度もあるけど、めっちゃ強かったぞ。
だからホンマにあれで勝てるのかと思ったんだ。」
プロB「激指ってそんなに強いんか?」
プロA「互角ぐらいで終盤戦になると大概は負かされるな。」
プロB[マジで?」


こんな感じだと面白いと思うけれどな。(笑)




これまでの将棋の世界には多分こういう風な動画はなかったのではないかなぁ?


でもこんな感じで将棋電王戦に限らず、
タイトル戦とか順位戦のことであれこれとやっても面白そうな気もしますよね。



将棋電王戦の場合ではあれこれとあり過ぎて
本音をプロは当分の間は語れないかな?


でも順位戦の場合でしたら割とこういうことは簡単に出来るのではないかなぁ?
「今年の順位戦 大予想!!」
とでも題した動画を順位戦が始まる数日前に公表するとかね。

こういうのは面白そうな気もするけれどな。
真面目くさった顔をしてする大予想ですとあまり面白くはなさそうですが、
居酒屋で男同士がやるようなでまかせ予想のもののようでしたら
個人的には面白そうに思いますけれどね。(笑)


そんなにびっくりするほどの経費をかけなくても
こういう動画ならその気になりさえすれば
直ぐにでもできそうな気もしますけれどね。



将棋の世界では普通の将棋愛好家に伝えられる情報が
コーティングされ過ぎていて
どうも真面目くさすぎるような気がしないでもないですからね。(笑)



こういう風に男同士が集まって
居酒屋で本音でわいわいとやるような感じで話す動画、
今までに将棋の世界にあったかなぁ…?

真吾オジサンの記憶にはなく
ひとつも頭の中には浮かばないのですが
どうなんだろうなぁ?


まあ真吾オジサンなどは将棋の世界にも
こういう動画があってもいいなと思いますね。




習甦 vs 菅井竜也のリベンジマッチの動画をまだ観る気にもなれないですし、
アドバンスド将棋(タッグマッチ)にも全然興味がわかないですし、
今泉健司さんの編入試験にも、タイトル戦の中継にも、
NHK杯戦にもどうも興味がわかないので、
なんかこういう工夫の一つでもされて
ここは面白くして頂きたいものですよね。(笑)





先日ね、将棋の世界はもっと視聴者さんからの視点を
思うたほうがいいとかなんとか記事に書きました。

 将棋の天地 将棋の世界は観戦者からの視点をもっと考えてもいいように思います。



こういう「順位戦の大予想」を動画で公表とかしたら
「内部の人でそのことについてあれこれと言い出す人も出てきそうなので…」
とか内向きのことばかりを思っていたら
日本将棋連盟さんはジリ貧にしかもうならないと思いますね。(笑)



第3回将棋電王戦が終わったあとに
日暮日暮春やむかしのおもひ哉 与謝蕪村
という記事を書きました。
そこに第1回将棋電王戦のときのPVの落日のシーンを思い出すとか書きました。

 将棋の天地 日暮日暮春やむかしのおもひ哉 蕪村



先日、駒桜の発展的解消のことが伝えられましたよね。


こうなったのは要は採算に合わなかったからでしょう。
ですから申し訳ないのですが、
どうもいよいよ日暮れ感がありますよね。(笑)




日本将棋連盟さんが惰性で今まで通りのことをしていても
もうそこに明るい未来があるとも思えないですよね。



ですから内向きのことばかりではなく、
この視聴者さんの視点なりを導入するとかして、
改善・改革をして頂きたいものですよね。(笑)




あれこれと下らんことを書いておりましたら、
将棋電王戦とは関係のないことのほうを多く書いてしまいましたね。(笑)
反省反省。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。