FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  将棋電王戦について。  »  将棋電王戦FINALについて。 ♪ 撃滅せよの命うけし神風特別攻撃隊 ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋電王戦FINALについて。 ♪ 撃滅せよの命うけし神風特別攻撃隊 ♪

この記事は2014年10月13日に書いております。


昨日将棋電王戦FINALのプロ側のメンバー5人が公表されました。
若手の精鋭ばかりです。


しかしながらもう平生のプロ同士の対局のときと同じつもりで指し、
出たとこ勝負で5人とも対局をされるようですと、
まあプロ側の全敗となりそうですよね。
それですとプロ側は運良く1つ勝てるか、超ラッキーで2勝でしょうね。
勝ち越せる見込みは最初からほぼないだろうなと思いますね。


豊島将之さんがYSSさんとの対局後に
「1000局までは」
と言っておりましたが、このくらいの練習対局の数をこなさないことには
この5人のどの人であれ、もう勝てる可能性は相当に低そうですよね。

5人ともこれくらいでないとプロ側が勝ち越せる見込みは
ほぼないだろうなと思われますね。

だって第3回将棋電王戦のときよりも
さらにコンピュータ将棋は進化しているはずですからね。



しかしこの5名は現役のプレーヤーなのですから
コンピュータ将棋のことばかりを思っているわけにもいかないですよね。

対戦相手のコンピュータ将棋に勝てたところで、
それでずっと飯が食えるわけでもないのですからね。



しかし、さりとて将棋電王戦FINALでも大きく負け越すことになれば、
日本将棋連盟さんとしましては結構な大問題ですよね。




ここらあたりのことを思いますと、
今回登場する5人のプロが、どれだけ日本将棋連盟さんのことを
大切に思っているか、愛しているかが
将棋電王戦FINALでの大きなポイントになりそうな気がしますね。



登場するプロが、私のことしかほとんど思っていないようでしたら、
将棋電王戦の対局なんて適当に指してもいいジャン!
にもなりますよね。

「三浦弘行さんだって負ける時代なのだから、私が負けたところで…」
このくらいに思いそうですよね。
そうした自分本位に過ぎないプロでしたらね。


それに別にそこで負けたところで
現在いる順位戦のクラスから落ちるわけでもないのですし、
それなりの額であろう対局料だって
その対局によって手にすることはできるのでしょうからね。



でもこれですとそのプロはコンピュータ将棋に
まずは負かされるであろうことは最初からもう目に見えておりますよね。


私の都合のことばかりを思い、
日本将棋連盟全体のことは申し訳程度にしか思っていないプロでしたら
事前にいくらも練習対局をすることもなく、
順当にコンピュータ将棋に負かされる可能性が高そうですよね。
高そうどころかほぼ確実にそうなりそうですよね。




ところでね「忠君愛国」ということを昔はよく言うたそうなのですが、
「愛国」ならぬ「愛日本将棋連盟」くらいの気持ちに
将棋電王戦FINALに登場するプロはなっておかないと…
とは思いますね。


 動画 嗚呼神風特別攻撃隊




無念の歯がみこらえつつ
待ちに待ちたる決戦ぞ
今こそ敵を屠らんと
奮い起ちたる若桜
この一戦に勝たざれば
祖国の往くていかならん
撃滅せよの命うけし
神風特別攻撃隊
送るも往くも今生の
別れと知れどほほえみて
爆音高く基地を蹴る
あゝ神鷲の肉弾行






今回登場する精鋭の5人はこのくらいの気持ちになって欲しいものですよね。

やくざもののゲーマーが割のいいであろう対局料ばかりが目当てで
大喜びでノコノコと出てくるようなことではなくね。(笑)




「忠君」は「忠谷川会長」ということになるのかもしれませんが、
訴訟の時に2ちゃんねるの過去ログなんかを持ち出してくるようなことに
どうも何らかのことで関わっていたであろうと疑われますので、
そういう気には到底なれそうもなさそうですが、
「愛国」ならぬ「愛日本将棋連盟」なら
こちらのほうならそうなれそうな気はしますよね。(笑)


「歴史ある日本将棋連盟は将棋の世界の総本山なのである。
自分もそう総本山の中の名誉ある一員なのである。
この歴史ある日本将棋連盟に牙をむく者あらば
自分が天誅を加えてやるぞ!」
このくらいの気持ちにはなれると思いますね。


登場するプロが私のことだけではなく、こういう気持ちになり、
その気持ちを対局の当日まで忘れずにおれれば
事前に練習対局を1000局でも出来ると思いますね。




第2回将棋電王戦のときの三浦弘行さんの敗北は
大東亜戦争で言えばミッドウェー海戦か、硫黄島か、
戦艦大和の沈没したときに当たるのかなぁ…

もうここで事実上勝負はあったのだなということだと思いますね。



名人・竜王がコンピュータ将棋に敗北する日は
広島長崎の原爆投下に当たるのかな…



今はその間にあって、神風特別攻撃隊が
神州不滅を信じてこの歌詞にあるようなことに…



将棋電王戦FINALも所詮のところハンデ戦なのですけれども、
「神州不滅」ならぬ「連盟不滅」の夢をここで
プロ側のファンに見せてあげることができるよう
この5人には奮起を期待したいような気もしますよね。

日本海海戦で連合艦隊がバルチック艦隊を壊滅させたようにね。



ルールがルールなだけに5人とも完勝をされて
コンピュータ将棋開発者や将棋愛好家や世間様を
あっと言わせて頂きたいように思いますね。


「これは… 名人・竜王に勝つには
大規模クラスターをまた準備しないことには
到底勝てそうな気にはなれんな」

こう唸らせるほどの戦果を期待したいような気もしますよね。(笑)
そういう夢(錯覚?)を見させるほどに見事に勝って、
歴史の針をやや戻してもらいたいですよね。



「なんだ、プロ・名人・竜王と言っても意外とチョロかったよな…」

でプロ vs コンピュータ将棋が終わってしまいますと
一観戦者とsましても、どうも面白くはないですしね。(笑)



まあ兎も角将棋電王戦FINALに登場する5人の諸君には
この動画の中で航空機の前に5人並んだ若桜の方々がいらっしゃいましたが、
そういう方々のような気持ちになって
「自分こそが日本将棋連盟を守るぞ!!」
となって欲しいですよね。




先日駒桜の発展的解消のことが伝えられましたよね。
こうなったのは要するに採算に合わなかったからでしょう?

先日「第8期マイナビ女子オープン」とGoogleで検索したのですが、
そこに現れた動画の再生回数の少なさに驚かされました。
それらの再生回数の数字を見ますと
もう費用対効果があってスポンサー企業さんになっている企業さんなんて
ほとんどどこもいないことにもうなっていると思われますね。

このようですと今後新たにスポンサー企業さんが登場する可能性は
極めて低いと思わざるを得ないですよね。
何らかのブレークがあるか、棚ぼたのようなことでもない限りね。


これですと、数年後にまた女流が分裂したときのようなことになっても
そう不思議なことではないと思われますね。
これは大いにありうる話だとは思いますね。


ちょくちょくと真吾オジサンが行っている
そこそこの売り場面積の本屋に以前でしたら、
「本日発売!」のところに将棋世界さんが
山積みになって置かれてあったものなのですが、
何ヶ月前からはその本屋の店頭で将棋世界を
見ることはなくなりました。
多分一冊も最近では置かなくなったのでしょうね。
将棋世界が発売される時期にその本屋に行っても
そこで将棋世界を見ることはなかったですからね。



ですから結構な危機の局面に日本将棋連盟さんが
もうなっていると思いますね。



将棋電王戦のこれまでの結果もあって、
こうなっている面もあるのではないかなぁ…?

こうなっている現状に少なからぬ影を落としているようにも思いますよね。



将棋を指したいだけのこと、強い相手に腕試しをしたいだけのこと、
どう指したらいいのかを学びたいだけのことでしたら、
もうコンピュータ将棋で大概のことは間に合うようになっているのです。

それどころか女流の指導より、否々男性プロの解説よりも
もう大概の局面では強豪のコンピュータ将棋の読み筋を見たほうが
正確な場合のほうが多いと思いますね。
将棋愛好家にとりましては、いくらもお金を出さなくても
もうこうできる環境にあるのです。


プロがコンピュータ将棋に負けないでいるうちには
プロの解説は絶対的に近い権威があったような気もしますが、
それがコンピュータ将棋の進化によりまして、
そうしたプロの権威は相対化され、
それどころか軽んじられるようにもなったのです。


こういう環境になったのは
少なからずこれまでの将棋電王戦の結果があって
そうなった面も否定はできないと思われますね。


アマチュアの将棋愛好家にとりましては、
結構なお金を出してまでプロ・女流を何もそんなに有難がらなくても…
ということにもなるわけですよね。


駒桜の発展的解消の背景の一つには
これもあったのではないかなぁ…?




名人竜王でさえもコンピュータ将棋に対して全然勝てなくなる時代も
どうせいつの日にかはこういう日は来るのですが、
でもここはこの動画の歌詞にある
♪ 祖国の往くていかならん ♪
くらいのすなわち
♪ 連盟の往くていかならん ♪
という気持ちになってこの若手の精鋭の5人の諸君には
頑張って頂きたいですよね。



このくらいの気持ちに本気でなっていれば、
練習対局を40局しか指さないで本番の対局に臨むなんて
そんなことは有り得ないことだと思いますね。

事前の練習対局で40局程度しか指さなかったといのは全くの問題外で、
こういうプロなどはいくらも日本将棋連盟さんのことを
大切に思っていない・愛していないとみなされても
それはしようがないことだと思いますけれどね。



将棋電王戦FINALの場で勝利したプロには特別ボーナスを出すとか、
日本将棋連盟さんにはして欲しいですよね。
個々のプロがそれぞれに必ず勝つつもりで準備するだけではなく、
日本将棋連盟さんとしましても将棋電王戦FINALで勝ち越すために
できることはそこでして頂きたいですよね。



ついでに書いておきますとね、日本将棋連盟さんには
そこのプロをはじめとしますステークホルダーさんが
「頑張って自分が日本将棋連盟を守るぞ!」
という気持ちになれるほどのことをして頂きたいですよね。



棋道指導員の清水忠治さんが京都医療少年院さんで
長年にわたってされているご活動などは
これこそ本当に公益の名に値することだと思います。
こういうこともしている日本将棋連盟さんなら、
自分が体を張ってでも俺たちの職場を守るぞ!
くらいになれる人・プロもいそうな気もしますけれども、
訴訟の時に2ちゃんねるの過去ログを持ち出してくるような
聞いたこともないような恥知らずなことをされているようでは
頑張って自分が日本将棋連盟を守るぞ!
と思う人なんてほとんど誰もいないことにも
なるだろうなと思いますからね。
どなたも私のことしか思わないような人ばかりになりそうですよね。
せいぜいが申し訳程度くらいにしか
日本将棋連盟さんのことを思わなくなると思いますね。



「そんな人誰もおらんだろう。
誰だって自分がそうするだけの価値が今のこの日本将棋連盟に本当にあるのか?
くらいに思うだろうにね…」
こういう気にはなりますからね。(笑)



あれこれと書いているうちにまたまとまりのない記事になってしまったな。
反省反省。



まあ要するに本当に価値のある日本将棋連盟さんに生まれ変わって
将棋電王戦FINALに登場する5人の精鋭が
将棋の世界のことなので自分が体を張ってでも守るぞ!
ということもないのでしょうけれども、
そのくらいの気持ちになれるほどの日本将棋連盟さんに
なって欲しいものですよね。

若手の精鋭の諸君には、自分が負けたら日本将棋連盟の未来はどうなるのだ、
自分の敗北は数年後に女流のリストラ化にもつながりかねないぞ。
だから絶対にここは負けられない対局なのだ!
くらいに思って頂きたいですよね。


以前に天野さんという人の「オールイン」という本を読んだのですが、
それを読みまして四段になるというのは
本当に大変なのだなと思いましたけれども、
まあでもこれは私のことではありますよね。


将棋電王戦FINALでの対局は私のことだけではすまない対局なのですから、
四段昇段がかかっていたときの対局のとき以上に、
「この対局は必ず勝つぞ!!」
という気持ちになって頂きたいですよね。

コンピュータ将棋と指して勉強になった、今後はこれを活かそうと思いますとか、
またコンピュータ将棋との対局の機会もあるだろうよとか
そんな温いことではなく
船江恒平さんがリベンジマッチのときに
勝つために徹したようにここは結果にこだわって頂きたいですよね。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。