HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  米長邦雄永世棋聖 vs bonkras  »  プレマッチで米長会長はこういう展開の将棋にしようとされたのではないか・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレマッチで米長会長はこういう展開の将棋にしようとされたのではないか・・・?

リンク・フリーです。


さて、今回の記事は、

先日の米長邦雄永世棋聖 vs bonkras プレマッチのことについて書きます。



米長会長の2手目・△6二玉には驚かされましたよね。 ^^


想定の範囲外の▲7七桂とbonkrasに指されて、お世辞にも、

米長会長の思わしい展開の将棋とはいえない将棋になったように思います。



ただ、それはそれとしまして、

この2手目・△6二玉戦法、

コンピュータ将棋相手には使えそうに思ったので、

早速真吾オジサンは、Bonanza6.0 に試してみました。



以下に棋譜を書くのですが、入玉の将棋になったのですが、

多分、米長会長はこのプレマッチで、

こういう将棋にされようと思われたのではないのか・・・?

と思っております。





まあ、暇つぶしにでも貼り付けた図だけでもご覧くださいね。 ^^




2011年12月23日


平手戦


▲ Bonanza 6.0   (先手)

△ 真吾オジサン   (後手)


Time ctrl b) を「20」にしただけで、あとは最初のままの設定でした。




▲76歩   △62玉   ▲78飛   △54歩    4

▲48玉   △42銀   ▲38銀   △53銀    8

▲75歩   △72銀   ▲39玉   △64歩   12

▲28玉   △63銀   ▲76飛   △94歩   16

▲26飛?  △32金   ▲68銀   △72金   20


20


▲77銀   △84歩   ▲76銀   △83金   24

▲56歩   △95歩   ▲66歩   △72飛   28

▲65歩   △同歩    ▲同銀    △64歩   32

▲76銀   △31角   ▲66角   △14歩   36

▲77桂   △71玉   ▲86歩   △82飛   40



40



▲58金左  △62玉   ▲46歩   △74歩   44

▲同歩    △同銀    ▲75歩   △63銀   48

▲47金   △72玉   ▲25飛   △73桂   52

▲65歩   △同歩    ▲同桂    △同桂    56

▲同銀    △64歩   ▲74銀   △73歩   60


60



▲83銀成  △同飛    ▲36歩   △13桂   64

▲26飛   △25銀   ▲21金   △42角   68

▲11金   △65歩   ▲77角   △26銀   72

▲同歩    △79飛   ▲68銀   △89飛成  76

▲12金   △64銀左  ▲13金   △75銀   80



80



▲67桂   △86銀   ▲同角    △同角    84

▲75桂打  △68角成  ▲63桂成  △同玉    88

▲75桂   △74玉   ▲83桂成  △同玉    92

▲81飛   △74玉   ▲76銀   △75銀   96

▲63銀   △64玉   ▲54銀成  △74玉   100


100



▲87香   △86桂   ▲75銀   △同銀    104

▲91飛成  △76玉   ▲86香   △99龍   108

▲82龍   △87玉   ▲32龍   △66歩   112

▲84香   △67歩成  ▲14金   △58と   116

▲62龍   △67歩   ▲39金   △57と   120


120




▲49桂   △47と   ▲同銀    △57歩   124

▲48金打  △58金   ▲43成銀  △48金   128

▲同金    △58銀   ▲38銀   △97玉   132

▲39金   △47歩   ▲同銀    △同銀成   136

▲同金    △58歩成  ▲38銀   △57桂   140



140



▲同桂    △同と    ▲49桂   △47と   144

▲同銀    △11香   ▲12香   △同香    148

▲同龍    △98玉   ▲48銀   △66桂   152

▲23龍   △58桂成  ▲同銀    △同馬    156

▲33龍   △66角   ▲27玉   △11香   160


160



▲13香   △同香    ▲同金    △21桂   164

▲23龍   △13桂   ▲57香   △22金   168



まで、168手で真吾オジサンの勝ちです。


168



bonkrasはクラスタですので、もっともっと強いに決まっておりますし、

米長会長でしたら、もっと見事に勝つにも決まっているのですが、

まあ、それは兎も角、

米長会長は、概ねこのような展開の将棋にされようと思われたのではないのでしょうか?



こういう将棋ってね、駒落ち戦のときの上手の指し方を

平手戦でしているようなもんなのです。


速度計算が云々という将棋ではなく、

押さえ込むか・入玉するかのような将棋だと思いますよ。


相手がその網を食い破れるか否かのような将棋だと思います。



先日のプレマッチは、そういう意味では

米長会長が網を投げて絞ろうと思っている準備の段階で、

bonkrasがその網を▲7五歩以下見事に食い破ったということだと思います。




スポンサーサイト
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
コメント欄
ブログ内の検索はこちらから
気になられたことを入力してください。 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:棋道(将棋)についてあれこれと書いております。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク
月別アーカイブ
プロフィール

真吾

Author:真吾

カテゴリ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。